売れるホームページ更新

ホームページは更新が命です

ホームページを作ってそれで満足していませんか?
いつ見ても同じ内容しか掲載されていないページは、誰も2回目3回目は見てくれません。
また、頻繁に更新されているページのほうが、そうでないページと比べて検索エンジンの上位に表示されやすいという話もあります。
つまり、更新してこそ、人に見てもらえるホームページになるのです。

しかし、実際は、更新する時間がない、難しい、委託した業者の対応が遅い、費用が高い、などの理由で更新できないケースが多数存在しています。

誰でも簡単に、いつでも更新できるホームページがあったらいいと思いませんか?

「らくらく更新ツール」を使えば

1、ネタを思いついたらすぐに更新できる
2、パソコン初心者でも更新できる
3、更新の都度費用を支払う必要がない

らくらく更新ツールは、パソコン初心者でも簡単にホームページ制作ができるように開発した、当社独自開発のツールです。
専用言語のhtmlやftpや難しいサーバーの知識は要りません。
そのような技術的なことは当社にお任せいただき、お客様はホームページに載せる内容作りに集中することが出来ます。
ブログなどを書いたことがある方なら、それをイメージしていただけると、わかりやすいと思います。

また、ホームページ制作にある程度慣れているというお客様でも、今までの更新作業に比べ、数段の作業効率アップになることは間違いありません。

また、「らくらく更新ツール」が出力するホームページの内容はSEO(検索エンジン対策)が施されておりますので、検索対策もきっちり行えます。

1、ネタを思いついたらすぐに更新できる

例えば、ホームページ上に掲載されている値段が誤って掲載されていた場合など、
文字を変えるだけなのに、制作会社に連絡していては時間と労力の無駄です。

らくらく更新ツールを利用すればそのような修正は自分で行うことが出来ます。
お客様専用の管理画面をインターネット上に用意しますので、時間を気にせず
自宅のパソコンや会社のパソコンから更新が可能です。

また、ビジネスのネタを思いついたときにメモしておく方も居ると思いますが、
コレを即座にホームページに反映できるのも魅力です。

誰かに頼むという敷居が減りフットワークの軽い更新作業が可能になります。

2、パソコン初心者でも更新できる

マウス操作とタイピングが出来れば更新できる手軽さです。
難しいhtmlを使うことなく文字の変更や画像の差し替え、新規ページ制作等
が簡単にできます。

3、更新の都度費用を支払う必要がない

通常、ホームページを更新する場合は、業者に更新費用を支払う必要がありますが、自分で更新すれば更新の度に更新費用を支払う必要がなくなります。

使い方がわからないときは?

使い方がわからないときや、ご質問、ご意見等がある場合、
お客様ごとに設置した掲示板からお問い合わせをすることができます。
この掲示板の内容は、当社スタッフと該当のお客様しか閲覧、書き込みができないようになっておりますので、
安心して、何でもお気軽にお問い合わせいただくことができます。
また、回数に限りがございますが、お電話でのご質問も承っております。
(ただし、サーバートラブル等緊急の場合は、回数にかかわらずいつでも承ります。)

更新が楽になったら?

ホームページを作る技術から開放されれば、その時間でホームページの内容を充実させる時間に充てることができます。
また、ホームページの更新は、小さい会社の場合には社長が、プロジェクトの場合はリーダーというように重要な責任を抱える人が文章を考えることをオススメします。
部下に最初から任せようとするとほとんどの場合失敗します。

責任者が内容を考えるメリットとして下記のような好循環が生まれます。

ホームページの内容を考える

うまい表現が見つからなかったり、アイディアに詰まる

他社ホームページをチェック

さまざまなキーワードや表現方法に出会う

頭が整理されて文章が書きやすくなる。
または、自社に無い強みを発見し、業務の改善点が見つかる。


ホームページを自分で作ると、客観的に自分の会社の強みや弱みなどの特徴やお客様の望むものを考え直す機会が生まれ、より会社への理解を深めるきっかけになります。
そして、日々行うことにより、ホームページを作るという目的だけでなく、会社全体の底上げになるはずです。
またホームページはデジタルデータです。これを印刷物等に2次利用できるのも大きなメリットです。

そしてお客様からは
借り物ではない本物を伝えることができ、お客様に信用してもらえるでしょう。
自分の言葉で語るから、お客様にお伝えできるものが多くなるでしょう。

ぜひ、これは実践してほしい内容です。 
(事実、当社のホームページ上の文章は社長と技術責任者がほぼ9割以上手がけております)

ただし、気をつけたいのはあまり他社のホームページを見過ぎないことです。良さそうだと思ったライバル会社を3つほどにしておいたほうが無難です。
あまり見すぎると、かえって混乱します。
 
- Powerd by Be-CMS -